FC2ブログ

【マビノギ】12年目のエリン。私の自分史~マビノギ~

mabinogi_2019_05_04_001.jpg

5/5。この日はフラニィーがエリンにやってきた日。すなわち誕生日です。
毎年同じことを言っているようですが、本当に長いことやってきたなぁと思います。

この12年、ログイン頻度が減っていた時期こそありますが一度も長期の休止をしていないというのも驚きです。

今日はその12年間を記憶している限り振り返ってみたいと思います。

このブログを始めるずっとずっと前の事になります。



かなりの長文です!! 注意!!





・はじめてのギルド

私の最初のギルドは「有閑な姫君達」というギルドでした。ルエリサーバーで覚えている人いるかな・・・?
もう10年以上も前のギルドですがw

※すでにこのギルドは凍結していて活動していないため、名前を公開しちゃいました。

ここに入った経緯は・・・どうやらプレイヤー掲示板でギルドに入りたいと募集をかけていたようです。調べるなよ。
その中でお誘いをしてくれたギルドの中で条件に合ったここに入ったのでしょうね。しかしマビを始めて1ヶ月でギルドに入りたがってたとは・・・。
ちなみに、フラニィーが今も着ているコレスヒーラードレスはこの時のギルメンさんに貰ったものです。裁縫品でちょっと性能が高い物を10年以上も着回している思い出の品なのです。

ここの思い出は、とにかく当時のギルマス、サブマスが非常に強かったのが印象的です。
ペーペーの初心者であった私からしてみればそれはもう神の領域でした(大げさ)

覚えているのはギルメンでラビダンジョンに潜った時の事ですね。
周りがスケルトンをなんの苦もなく倒していくのに対し、フラニィーはちまちまとIBカウンターで倒していました。
それを待ってくれていたのが忘れられません。

他にもG1のクエストのお手伝いもしてくれましたね。今と違ってちゃんと人数集めないと進められなかったですからね。
アルベイ行きます?と言ったら超積極的に行きたがってたのを覚えていますw
今なら気持ちが分かるわ・・・私も機会があればもう一度行きたいですね。




ところが入って間もなく、ギルドが「凍結」するということを聞かされました。
凍結とはギルドそのものは残りますが(現に今現在も残っている)もう新しくギルメンを入れたりギルドストーンを更新したりすることを今後一切しなくなるということです。
原因はもう昔の事なので覚えていませんが、確かギルメンの半分以上がもうログインしていなかったので活動しているメンバーで新しくギルドを作ろうということだった・・・と思います。
私は始めてのギルドだったので、こういう事があるとは夢にも思っておらず、大変驚きました。
愛着のあるギルドを離れるのは辛かったですが、残っていてもしょうがなかったので言われるがまま新しいギルドに移ることになりました。



こうして私は愛着のある最初のギルド「有閑な姫君達」を離れる事になりました。



mabinogi_2019_05_01_004.jpg

活動当時のたまり場はダンバ横のここでした。活動chは7ch。
よくよく見ると競争率の高そうなたまり場である。




・2つ目のギルド

まずはじめに・・・このギルドは現状どうなっているのか全く分かりませんが
多分まだ存続している・・・と思います。ので、名前は伏せます。はっきりしませんしね・・・。

さて、こうして移籍したギルドですがメンバーはほとんど変わらないので実質名前が変わっただけだろう・・・
と思っていましたが、違いました。
当たり前?かもしれませんが、新しくなったのでまた新規にギルメンが集まることとなります。
それが当時のギルマス達の手腕なのか、どんどん新しい人達が入っていって賑やかになって行きました。
ギルドとしてそれはもちろん喜ばしい事だったでしょう。ですがフラニィーは違いました。


環境の変化についていけなかったのです。


自分はズブズブの初心者で周りはそこそこの経験者ばかり(全員がそうではなかったと思いますが)
ギルチャではみんな(当時の自分にとって)なかなか難しい事を喋っていたと思います。と言っても具体的な内容は覚えていませんが、とにかく私はその輪に入ることができませんでした。
ログインしても挨拶だけでその後自分はずっと黙っていて、ログアウトする時に挨拶するだけ・・・そんな日が続きました。
自分がコミュ障ということを(分かってはいたが)ここで思い知らされる事となります。
自称:人が多いと喋れなくなる病気です。これは今現在も治っていませんし治ることは無いでしょう・・・。
そして私はついにこう思い始めました。


この有様ではもうこのギルドにいる意味は無い、と


ですが、私は相当悩みました。前のギルドから中のいい人、尊敬する人と離れるというのはそう簡単にできることではありません。
たかがギルチャ一つでも繋がれたのです。FL送ればいいじゃんと思う人もいますが今以上にコミュ障だった当時それすらも私には難しいことだったのです。
そして悩みに悩んだ挙げ句、ギルドの掲示板に別れのメッセージを書いてこのギルドを脱退しました。
誤解の無い様にいいますが、悪口を言われたり等はありませんでした。ただただ私がついていけなかっただけです。


こうして久々のソロになってしまいました・・・が、幸いだったのがそれでもお付き合いしてくれた人が
いた事ですね。バオル手伝ってくれてありがとう。めっちゃ行きたがってたしね!


そうそう、脱退する時に見かけたら殴りに行くとか言われてましたね?
未だそれは実行されてはいませんが・・・。

おうかかってこいや!!
今ならトランザムで返り討ちにしちゃるけえ!!

今でも、待ってます。



余談ですが、この時期くらいまでは呼び捨てで「フラニィー」と呼ばれていましたね。
今思うとこれは貴重な経験なんじゃないかと思います!
今はもうみんな「フラニィーさん」ですからね・・・。ちょっと威圧感はあったけど思い出すとちょっと嬉しかったりします。





・・・そしてついに私は運命のギルドと出会う事になります。





・3つ目のギルド「アオイホシ

ここで皆様おなじみ?のアオイホシが登場します。
またギルド探しをしていた私はある条件を元にプレイヤー掲示板を漁っていました。

・少人数
・ゆるい感じのギルド
・優しそうな人がいそうな感じ(?)

なんて曖昧な条件を決めてました。前述の通り人が多いと喋れなくなるので少人数のギルドがいいな、と考えてました。
あとはあまり厳しい環境で無いこと・・・あくまで会話が楽しめたらいいなぁなんてことを考えていたと思います。
・・・しかしこんな条件を一蹴してしまったのがこの「アオイホシ」なのです。

プレイヤー掲示板にこの「アオイホシ」という名前のギルド。
アオイホシ」という名前。
そう、私はこの名前に釣られてもうメモを送っていたのである。すでにこの当時からフラニィーは青化が激しくなっていたのである・・・

ですが結果的にこのギルドは上記の条件をすべて満たしていたと言っていいでしょう。
しかも聞いて驚いたのが、このギルド、というか当時のギルマスはこの時本当にたまたま募集していたそうなんです。
元々「お友達だけのギルド」という感じのギルドだったので新規に募集することはほぼなかったのでしょう。
それがたまたま名前に釣られて私の目に止まったんです。そして私は「アオイホシ」の一員になりました。

この時が私にとって一番最初の楽しい時期でした。

ここのメンバー達とは本当に仲良くさせてもらって・・・今思い出しても本当に楽しい時間でした。
マビノギ、というかネットでこんなにも仲が良くなったのは自分にはない経験でした。

そんなある日、言われました。
自分たちで別のギルドを作るからフラニィーさんにこのアオイホシを任せたいと。

また以前と似たような経験をすることになるとは思いませんでした。しかも今度は自分を置いて・・・。




そしてフラニィーがギルドマスターの「アオイホシ」が始まりました。


mabinogi_2019_05_01_003.jpg

当時はここで放置していることが多かった。昔からルエリの8chにいた人は覚えているかもしれない。





余談ですが、私は当時「お姫様を守る騎士」に憧れていました。
その後、フラニィーが騎士になれたかどうか・・・今のフラニィーを見れば分かると思います。
騎士というより機動戦士だってぇ?聞こえんなぁ~。

ですが、今も使っている各種「フルアーマー」はその名残だったりします。
騎士といえば鎧だもんね!




・ギルドマスターフラニィーの「アオイホシ」

さて、ギルドを任されたフラニィーですが、まさか自分がギルドマスターをやるとは夢にも
思わなかったため、戸惑いもありましたが当時はやる気満々でした。自分の手でこのアオイホシを盛り上げていこうと思っていました。その痕跡がプレイヤー掲示板の募集にも現れていました。調べるなよ。

しかし、あえてここで結論を言いましょう。


コミュ障で適当な性格の人間にギルドの運営が務まるはずがなかった。


全盛期は活動しているメンバーが(自分も含め)7人もいたようです。
しかしそのメンバーは今や自分以外誰も残っていません。ギルドを抜けた人、残って入るもののもうログインしていない人・・・。
すべてがそうでは無いかもしれませんが、これは私の責任です。
少なくとも数人は明らかに私が原因でギルドを抜けた人がいます。これはもうギルマス以前の問題でもっと積極的に関わってあげればよかったと今も後悔しています。

活動していたメンバーも抜けずに残っていてくれた人もいましたがその人達もやがていつの日かログインしなくなってしまいました。
そしてとうとう活動していたメンバーが自分以外の一人だけになってしまいました。
しかしもうこの頃私はギルマスとしての自信を喪失して・・・非常に悪い言い方をするとやる気を無くしてしまっていました。
だから私はその人に言いました。「もうこんなギルドに残らないでもいいんですよ」と。
もはや「交流」を望めないこのギルドに残る必要はないと、その人のためにならないと思ったのです。
でもその人は「考えておきます」と言っただけで結局最後まで残っていてくれました。

しばらくは二人で細々と「交流」はしていました。よく覚えているのがこの頃の私はアローリボルバーのページ集めをしている時でした。出ない出ないと喚いていた時にその人が露店で探していたページを見つけてくれたのです。
そのページを代わりに買ってくれて、非常に助かりました。確か取引額よりも多めにお礼としてお金を渡した・・・ような気がします。


ですが、その人も日に日にログイン数が減って行き・・・やがて姿を見せなくなってしまいました。



こうして、ギルド「アオイホシ」は私一人だけになって、

今も続いている。











mabinogi_2019_05_02_002.jpg

ギルドストーンは一度壊してしまったけど、再建して今も残っています。
場所は非公開です。探せるものなら探してみなさい。


mabinogi_2019_05_02_003.jpg

ギルドホールもあります。今や使うのは私だけになってしまいましたがね・・・。







私はマビノギで本当に多くの人と出会ってきました。ギルドを通じて知り合った人、たまたま知り合った人。あるいはフレンドのフレンドだったり・・・。

更に今はブログを通じて、最近はTwitterも始めて本当に交友の幅が広がったと言えます。
たかが、ネットを通しての交友など気に留めない人もいるかも知れません。
ですが、この私にとってどの出会いもかけがいのない物であったと思います。




もう会うことがなくなってしまった人達。私の事など覚えてはいないでしょうが
それでも、12年目を迎えた今日言いたい。





mabinogi_2019_05_02_001.jpg

フラニィーは、今日も元気にエリンで生きてます。




そして
フラニィーとお付き合いしてくれる方々。どうぞこれからもよろしくおねがいします。

























mabinogi_2019_05_01_013.jpg

・・・超元気です。












記事が面白かったら押してくれると大変励みになります。

にほんブログ村

【マビノギ】でろーん配信に参戦しました

mabinogi_2019_05_01_007.jpg

でろーんことVtuber「樋口楓」さんの公式生放送に参加してきました。壺開け大会らしいです。

実はこの公式生放送があるのを知ったのは放送開始2分前だったので、どうしようか悩んでいましたが
私の活動chに降臨したらしかったので、こりゃ行くしかないと思い、参戦してきました。

案の定人が多い上にガチ勢勢揃いなのでこれは戦闘一瞬で終わるな、と直感したので終始ヒーラーに徹することに決めました。
スーパーヒーラーの回復力を侮ってはいけない。

あと、よく見る人達やTwitterのフォロワーさんもちらほら見かけたり・・・。


mabinogi_2019_05_01_008.jpg

真っ暗で見えにくいけどパンくんもやってきてくれました。なぜか巨大化していますがまぁいつものことでしょう(耐性)
どうやらこのパンくんは特別仕様のようで、右クリックできなかったり回復し指定できなかったりしました。

こいつ、全スキルマスターのくせに一回死んだそうですよ?



mabinogi_2019_05_01_009.jpg

でろーん盗撮。実は「にじさんじ」とかVtuberとかよく知らない世界です。名前は知っているのですがでろーんに関しては「モビルスーツみたいな名前だなぁ」というくらいにしか思ってませんでした。
名前が「樋口楓_2434」となっていましたが後ろの数字は「にじさんじ」ということでしょうね。あと本人はガチ勢らしいので本キャラ(?)は累積2万超えてるらしいですよ?(震え)
こういうのにも参加したのは初めてだったり・・・。やれやれ時代は変わったものだ。実際変わった初日だけど。

壺のボスはやっぱりというか瞬殺されていきましたが、ちゃんとレッドドラゴンや巨大ライオンみたいなのも出てきました。
またアークリッチが出てたりしましたが、今回はガチ勢が倒していったので私はヒーラーに徹することができました。

一瞬ですがでろーんさんも回復することができました!





mabinogi_2019_05_01_011.jpg

あまりにも壺のボスが雑魚だったので、ブラックドラゴンの召喚もしました。こっちでもヒーラーしてましたが攻撃に巻き込まれて一回死にました。
やっぱりこっちもあっという間に倒されてました。


mabinogi_2019_05_01_010.jpg

記念撮影。
マビノギを知らない人もいたからか、解説しながら配信していたのはすごいなぁと思いました。
ガチ勢だから為せる技ですね。



樋口楓さんも参加したみなさんもお疲れ様でした!

おっと違った。 おつでろーんでした!!









dero.jpg

でろーん視点のフラニィー














記事が面白かったら押してくれると大変励みになります。

にほんブログ村

【マビノギ】平成最後のネコ島参り

mabinogi_2019_04_30_002.jpg

ということで急遽行ってまいりました! お参りをするならやっぱりここしかありませんよね。なんか最近はネコ島によく行くなぁ・・・。
平成最後に令和が平和になるように、オミケサマにご祈願していきましょう!



mabinogi_2019_04_30_003.jpg

道中に見どころはないので省略。




mabinogi_2019_04_30_004.jpg

で、いつもどおりオミケサマに謁見です。この画像も探せば同じのありそうだな・・・。

しかし、令和の祈願ってどうやればいいんでしょうかね? これでは初詣をやっているのと代わりありませんね。
そして知恵を振り絞った結果・・・。






mabinogi_2019_04_30_005.jpg













mabinogi_2019_04_30_006.jpg

















mabinogi_2019_04_30_007.jpg






・・・


















mabinogi_2019_04_30_008.jpg

というわけでご祈願が終わりました。オミケサマの力で邪気を払い、令和の時代についてこないようにしてもらいたいですね。





元号が変わってもやることは変わりありません。
令和の時代も摩訶不思議なステキワールド♪とフラニィーをよろしくおねがいします。










記事が面白かったら押してくれると大変励みになります。

にほんブログ村

【マビノギ】弓を極める!

mabinogi_2019_04_08_002.jpg

ようやく基本中の基本レンジアタックマスターになりました。いつランク1になったか忘れましたがずいぶんと長い間放置していたと思いますね・・・。アタックマスターは何も考えないで勝手にマスターしたような気がしますが、レンジアタックは意識して使っていかないとダメですね・・・。


mabinogi_2019_04_23_001.jpg

昇段試験ができるのでとりあえず2段まで上げておきました。テキトーにやっても2段になれたので楽な部類に入る・・・のかなぁ・・・。3段はとりあえずやってみますが、なんか無理そうな気がします。
これは重要なことですが昇段しても特にエフェクトが変化したりはしないようです。つまらん。



mabinogi_2019_04_18_026.jpgmabinogi_2019_04_25_005.jpg

更に更にボウマスターとクロスボウマスターも習得。しかしボウマスターはともかく、クロスボウマスターの習得でちょっと問題が発覚。それはメイン武装であるピーコック・スマッシャー以外のクロスボウが弱すぎて使えないということです。
私のピーコック・スマッシャーは強力な光学兵器なので修理費が激烈に高いという欠点があります。雑魚敵にピーコック・スマッシャーを使っていきたくないのでサブのクロスボウを用意したいところですがギャップが有りすぎて使いづらいです。


mabinogi_2019_04_25_008.jpg

そしてアローリボルバーもマスターしました。これで敵の強さが関連する物は全部鍛え終わったと言ってもいいでしょう!

え?クラッシュショットとかサポートショット? 私使わないスキルはある程度のところまでしか鍛えないよ?
サポショは論外ですが、クラッシュショットは確かに便利なスキルですが・・・。なぜか私便利なスキルほど嫌う傾向があり、使うのをためらってしまうのです。同じ理由でウインドミルも未だにランク5だったりします。




mabinogi_2019_04_18_022.jpg

初代アローリボルバー使いに会っていきます。アローリボルバーがチャージ式の人ですがそれはもうなくなってしまったらしいですね・・・。改善といえば改善なんでしょうがなんだか惜しい。





mabinogi_2019_04_18_027.jpg

さて、他の弓スキルもいいところまで鍛えたのでついにマスター弓使いになりました。5つ目のグランドマスターに挑戦することができますね。ぜひとも習得していきたいと思います。

mabinogi_2019_04_27_008.jpg

初っ端からこんなのやってらんないよぉ~(即破棄)

誰か手伝って!!






サポショとクラショはもういいですが、アージェントショットは使い所がありそうなので鍛えていきたいですね。









記事が面白かったら押してくれると大変励みになります。

にほんブログ村

【マビノギ】ネコミミメイドの遠征隊

mabinogi_2019_02_18_001.jpg
サンブーカさん向け

G22、ちゃんと牛歩で進めています。難しいからとかじゃなくて単に面倒で進めていないといった感じです。
エレモン陛下から事件の解決を命じられ、遠征隊のリーダーに抜擢されました。
宗教戦争に関わりたくないフラニィーですが、それだと話が進まないので引き受ける事になります。




mabinogi_2019_02_18_003.jpg

しかしその相手は(当時)チビでネコミミメイド姿だったフラニィーです。あまりにも締まらなすぎです。
大人に戻ってから進行すればよかったかもしれませんが、それだと当分先になってしまうのでやむおえませんね。


mabinogi_2019_02_18_002.jpg

嘘つきカミーユ。騎士団メンバーはそのへんにいる兵士よりも遥かに強いはずです・・・。
ていうかこんな格好で周りから怪しまれないのでしょうか?



mabinogi_2019_02_18_005.jpg

やっぱり他人のふりをしていたんですね!



mabinogi_2019_03_29_010.jpg

で、最初はタルラークに頼まれて行方不明者の捜索です。行方不明者の情報をまとめた本を渡されてそれを頼りに探す事になるのですが・・・。この本に書いてる情報でもっとも重要なのはこの写真です。
なんとまさにこの「写真の場所」に行方不明者がいるのです。本当に行方知れずなのか?


mabinogi_2019_03_06_002.jpg

こうやって探し出し、お使いをこなしていけば任務完了です。敵を倒したり、人探しを頼まれたり、物乞いされたり・・・。
9人の行方不明者を探し出します。





mabinogi_2019_03_15_002.jpg

ショタなのか女の子なのかわからんなぁ。



mabinogi_2019_03_16_008.jpg

小さな子供をガチ武装で襲う武士の風上にも置けない連中





と、まぁこんな感じでぽつぽつ進んでおります。まだ半分も行ってないと思いますが、これからどんどんきつくなるんでしょうか・・・。トランザムが通用する相手ならなんにも怖くはないんですが・・・。








記事が面白かったら押してくれると大変励みになります。

にほんブログ村
閲覧者数
かっこいいカレンダー
マイキャラ紹介

Name:フラニィー
World:マビノギ、エリン(ルエリ)
Job:GNヒーラー

ルエリサーバーで活動してる青い子
適当に戦闘したり生活したり青い物を収集したり
自由気ままにのんびり過ごしている。
エリンでも数少ないニュータイプ。らしい。


Name:シャオロン
World:とびだせどうぶつの森、ダンバートン村
Job:ダンバートン村の村長、ブログの管理人

スローライフを満喫しているダンバートン村の村長さん。
重度の青厨。飽きっぽい。
村での出来事をブログに載せるお仕事。公共事業はほったらかし


Name:Yui
World:ソードアート・オンライン アインクラッド
Job:サポートプログラム

ソードアート・オンラインからゲスト出演
マビノギでフラニィーを色々サポートしている。
なろう系では無いがいろいろチート気味


Name:マリーダさん
World:マビノギ エリン(ルエリ)
Job:妖精フローラ

フラニィーに仕える妖精さん。
可愛らしい見た目の割にクールで勇敢な性格
なろう系と仮面をつけた人間が大嫌い
Twitter
最新記事
ブログパーツとか


にほんブログ村 ゲームブログ マビノギへ
にほんブログ村

記事が面白かったらクリックしてください。励みになります。
最新コメント
過去ログ +

2019年 05月 【7件】
2019年 04月 【10件】
2019年 03月 【9件】
2019年 02月 【7件】
2019年 01月 【12件】
2018年 12月 【10件】
2018年 11月 【10件】
2018年 10月 【8件】
2018年 09月 【10件】
2018年 08月 【10件】
2018年 07月 【11件】
2018年 06月 【14件】
2018年 05月 【10件】
2018年 04月 【10件】
2018年 03月 【9件】
2018年 02月 【6件】
2018年 01月 【10件】
2017年 12月 【5件】
2017年 11月 【4件】
2017年 10月 【7件】
2017年 09月 【10件】
2017年 08月 【8件】
2017年 07月 【5件】
2017年 06月 【7件】
2017年 05月 【7件】
2017年 04月 【8件】
2017年 03月 【8件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【6件】
2016年 12月 【7件】
2016年 11月 【8件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【6件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【9件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【7件】
2016年 03月 【9件】
2016年 02月 【9件】
2016年 01月 【11件】
2015年 12月 【9件】
2015年 11月 【8件】
2015年 10月 【9件】
2015年 09月 【14件】
2015年 08月 【9件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【20件】
2015年 05月 【16件】
2015年 04月 【15件】
2015年 03月 【19件】
2015年 02月 【15件】
2015年 01月 【22件】
2014年 12月 【23件】
2014年 11月 【22件】
2014年 10月 【22件】
2014年 09月 【19件】
2014年 08月 【20件】
2014年 07月 【18件】
2014年 06月 【18件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【19件】
2014年 03月 【20件】
2014年 02月 【17件】
2014年 01月 【23件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【18件】
2013年 10月 【19件】
2013年 09月 【19件】
2013年 08月 【21件】
2013年 07月 【20件】
2013年 06月 【18件】
2013年 05月 【14件】
2013年 04月 【10件】
2013年 03月 【11件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【12件】
2012年 11月 【11件】
2012年 10月 【8件】
2012年 09月 【13件】
2012年 08月 【1件】

カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR