【旅行記】摩訶不思議ワールド・深海

はい、今回は東京上野の国立科学博物館
特別展「深海」 挑戦の歩みと驚異の生きものたち
へ行ってきました!長いよ・・・


PA010128.jpgPA010127.jpg
目印のくじらさん


・・・ちなみに、同じルエリのマビブロガー先行者様がいたようです。
勝手にトラックバックしちゃいました。

しかし平日だというのに人が多い!
いや、それならまだいいです。
なんで平日の昼間にこんなたくさんChildrenがいるんだ!?
なんで?学校行ってないの?集団不登校?お陰で会場に入るのに50分以上待たされました
「多分秋休みだろう」という答えが出たのですが納得がいきません。ていうか秋休みなんてあるの?




という訳でChildrenに押されながら会場に入ります。
ダラダラとご紹介。


なお、一部グロテスクな画像があるかもしれませんのでご注意を。



PA010129.jpg

深海は光が届かない!太陽の中に含まれる色で青色が一番深くまで届くとか。
フラニィーさんも深海ではタゲられるということかな(?)


PA010130.jpg

これは面白いです。深海へ行くと水圧で金属バットやボンベもぺちゃんこになってしまいます。


PA010131.jpg

ブタメン(なぜ?)もギッシリ圧縮.zipされてしまいます。



PA010132.jpg
Childrenがうろついているのでブレてしまいました。

有人潜水調査船「しんかい6500」の模型です。世界で2番目に深く潜れるすごい子。


PA010134.jpgPA010133.jpg

機能美ってやつですねぇ(?)
これだけ大きいのに人が入るのはこの狭いコクピットの空間だけです。しかも3人いっぺんに入る。
この中だけ地上と同じ気圧が保たれているんですって。


PA010137.jpg

しんかい6500の解説


PA010135.jpg

しんかい6500を運ぶマザーシップの模型。名前は「よこすか」さん。


PA010136.jpg

こんな風に下ろすみたいです。ちっちゃくてかわいい!
ちなみに、しんかいの後ろのしっぽ部分が可愛いとか言ってそこだけ撮ってるおばちゃんがいましたが・・・


PA010140.jpg

しんかいが拾って来た生き物。掃除機みたいに吸い上げて捕獲するんだとか。
人の手で操作して採取するので難しいのだとか。



PA010141.jpgPA010142.jpg

知ってる人も多いホタルイカの剥製。ちっちゃい!
ふざけた名前のタコイカ。どっちやねん。


PA010143.jpg

他にもいろんな不思議生物の剥製がたくさん。完全にエイリアンですね。


PA010144.jpg

有名なグソクムシさん。デカイダンゴムシ。


PA010145.jpg

深海にはクモまでいるそうです。こんなのが家の中にいたら私は息を引き取りますね。


PA010146.jpg

名前がやたらカッコイイと見てる人に評判だったムーランルージュさん。
検索しても映画とか出てきて深海の生き物が出てきません。何を思ってこんな名前を付けたのか。


PA010147.jpg

めちゃでっかいヒトデ。手のひら以上ありました。


PA010149.jpg

光る深海魚の代表。チョウチンアンコウさん。
シャオロン村長のダンバートン村でも釣れるよ。


PA010150.jpg

深海魚ファンにはたまらない生物その1。コウモリダコです。
タコとイカのご先祖様と言われてるけど詳細はまだ謎の浪漫あふれる生き物。
ずっと前にコイツが主役でNHKスペシャルもやってました。

PA010148.jpg

深海魚ファンにはたまらない生物その2。リュウグウノツカイです。これは知ってる人も多いでしょう。
大きくて美しい姿を是非一度見てみたいですね。
どっかの水族館に剥製があるらしいですが・・・こんなのじゃなくて。

東方プロジェクト 美しき緋の衣 永江衣玖東方プロジェクト 美しき緋の衣 永江衣玖
()
東方Project

商品詳細を見る









PA010152.jpg

いよいよ先行者様も見た5mのダイオウイカの剥製です。説明不要な大きさ!!


PA010153.jpg

目があると思われた場所アップ。でっかいでっかい。


PA010154.jpg

目の大きさはバレーボールぐらいですって。







PA010155.jpgPA010156.jpg

有名なダンゴムシ。ダイオウグソクムシさん。目が怖い。
生きた化石のオウムガイさん。やたら標本がしっかりしているので作り物なんじゃないかと思ったり・・・



PA010157.jpg

寿命が150年以上と言われているナントカって魚ヒウチダイです。めっちゃでかい
深海で150年過ごす彼はいったい何を思うのでしょう・・・


PA010158.jpg

最後にミュージアムショップに寄って行きます。
この実物大ダイオウイカのぬいぐるみは売り物でお値段は20万円です。アホちゃうか。
着払いで送りつけてやるのもいいかもしれませんね。しろさん住所教えてください。

私は縦に長い限定スイートパイとリュウグウノツカイキーホルダーとしんかい6500のストラップを購入して帰りました。





深海の浪漫というものは尽きないものですね。充実した時間を過ごせました。
10/6までやっているので見たい人は急げ!Childrenに囲まれてもめげない!
ていうか見て回って分かったのはどう考えても子供はおもしろくないということ。ルナマリア坂本真綾の音声ガイドとかありますがそもそも話が難しすぎる・・・と思う。
ちびっ子は上野動物園に行きなさい!

深海展のホームページはこちら。
http://deep-sea.jp/




マビにも海底遺跡とか実装すればいいのに・・・スクーターとかオーバーテクノロジー実装してる場合じゃないです。




記事が面白かったら押してくれると大変励みになります。
にほんブログ村 ゲームブログ マビノギへ
にほんブログ村
ブログランキングNo.1

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ぬはは、意外とみんな行ってるんだなーw
トラバありがとござます!
うちのギルメンからもコメントあったけど、
その人はすごい混んでてソロ60分待ちは断念して帰ってきたそうな。

ホルマリン漬け?の生き物たちはものっそい混んでた&エグくてあんまり直視できず、
しろさんはそこのエリアはささーっと抜けてきちゃったん(´・ω・`)

イカのぬいぐるみ20万は呆れたねw
むしろどの大きさのトラックにアレだけを乗せて、
どうやって搬入するのか、そして一体どこに飾るのか知りたい・・・
6畳間とか、半分くらいアレだけで持っていかれそうじゃないすか?w

個人的には前半の、深海という場所についてのエリア(ブタメン近辺)がすごく面白かったな~!
ちょっと怖いけど、浪漫がある感じ。

No title

やっぱり大々的に宣伝されていただけに見に来る人は多かったみたいですねー
深海生物の標本はなんかはなぜあんなに混んでいたのかわかんないですねw
魚とかはともかく似たような貝とかサンゴもどきなんか見てる人は楽しかったんでしょうか。私も見ましたが。

イカのぬいぐるみは抱きまくらにすれば・・・と思ったのですがやっぱり大きすぎますよね。
余談ですが20万のイカの下にある小さいイカのぬいぐるみは値段こそまぁまぁでしたが(でも高い)
無駄にリアルな質感があって気持ち悪かったです。

私はメカニックの部分が印象に残ってますね。しんかいとか船の模型とか
ああいうの好きなんですよぅ。
閲覧者数
かっこいいカレンダー
マイキャラ紹介

Name:フラニィー
World:マビノギ、エリン(ルエリ)
Job:GNヒーラー

ルエリサーバーで活動してる青い子
適当に戦闘したり生活したり青い物を収集したり
自由気ままにのんびり過ごしている。
エリンでも数少ないニュータイプ。らしい。


Name:シャオロン
World:とびだせどうぶつの森、ダンバートン村
Job:ダンバートン村の村長、ブログの管理人

スローライフを満喫しているダンバートン村の村長さん。
重度の青厨。飽きっぽい。
村での出来事をブログに載せるお仕事。公共事業はほったらかし


Name:Yui
World:ソードアート・オンライン アインクラッド
Job:サポートプログラム

ソードアート・オンラインからゲスト出演
マビノギでフラニィーを色々サポートしている。
某機動戦士のハ○のような扱いをされてしまっている


Name:マリーダさん
World:マビノギ エリン(ルエリ)
Job:妖精フローラ

フラニィーに仕える妖精さん。「さん」をつけろよd(略)
可愛らしい見た目の割にクールで勇敢な性格
ユイとよくケンカしているが仲が悪いわけじゃない。
最新記事
ブログパーツとか


にほんブログ村 ゲームブログ マビノギへ
にほんブログ村

マビノギ・攻略ブログ
ブログランキングNo.1
記事が面白かったらクリックしてください。励みになります。
最新コメント
過去ログ +

2017年 10月 【3件】
2017年 09月 【10件】
2017年 08月 【8件】
2017年 07月 【5件】
2017年 06月 【7件】
2017年 05月 【7件】
2017年 04月 【8件】
2017年 03月 【8件】
2017年 02月 【4件】
2017年 01月 【6件】
2016年 12月 【7件】
2016年 11月 【8件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【6件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【9件】
2016年 06月 【9件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【7件】
2016年 03月 【9件】
2016年 02月 【9件】
2016年 01月 【11件】
2015年 12月 【9件】
2015年 11月 【8件】
2015年 10月 【9件】
2015年 09月 【14件】
2015年 08月 【9件】
2015年 07月 【14件】
2015年 06月 【20件】
2015年 05月 【16件】
2015年 04月 【15件】
2015年 03月 【19件】
2015年 02月 【15件】
2015年 01月 【22件】
2014年 12月 【23件】
2014年 11月 【22件】
2014年 10月 【22件】
2014年 09月 【19件】
2014年 08月 【20件】
2014年 07月 【18件】
2014年 06月 【18件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【19件】
2014年 03月 【20件】
2014年 02月 【17件】
2014年 01月 【23件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【18件】
2013年 10月 【19件】
2013年 09月 【19件】
2013年 08月 【21件】
2013年 07月 【20件】
2013年 06月 【18件】
2013年 05月 【14件】
2013年 04月 【10件】
2013年 03月 【11件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【17件】
2012年 12月 【12件】
2012年 11月 【11件】
2012年 10月 【8件】
2012年 09月 【13件】
2012年 08月 【1件】

カテゴリ
オススメの本と読みたい本
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR